[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe: エクストリーム・メソポタミア風パン作り(冗談です)
記事No1630   [関連記事]
投稿日: 2017/10/04(Wed) 22:26
投稿者岡沢 秋
エニートゥ(挨拶) どうもこんばんは。
ドイツビールはなかなか美味かったです。

> maatさんはビール関係の歴史にも詳しいから、ご存じですけど古代のビールと現代のビールは、ほぼ別物に近いものだから現代のビール酵母入れても古代のパンの味にはならないでしょうね。

でしょうかね…。そもそも古代(5,000年前)くらいだと、当時の材料が一切手に入らないから完全再現は不可能なんですよね。小麦からしても種類が変化してるわけだし。

> しいていえば「ランビックスタイル」のビールが近いかと思います。
> 自然酵母を使っているので強烈な酸味を持ち、瓶内二次発酵させるので酵母をそのまま残して出荷されます。

そんなもんもあったんですねってググったら高っけ!
まあ普通に飲みますね…

> 寝ぼけてやっちまったんだ……

それは紅茶キノコ的な類のアレでは…。


Civもほとんど遊べないうちにアサクリオリジンズが出そうなので、結局ゲームは年末くらいにならないとやれなさそうっす。

タイトルエクストリーム・メソポタミア風パン作り(冗談です)
記事No1629   [関連記事]
投稿日: 2017/10/03(Tue) 06:43
投稿者アーカントス提督
エティモス(挨拶)どうも、お久しぶりです。
この夏もビアフェス名古屋に参加していたビールマニアのアーカントスです。横浜の方にも行きたかったけど台風直撃で断念しました。

酵母がろ過されているなら、マーマイトを入れればいいじゃない。

まあ、あれは製造過程で殺菌されているだろうからスターターには不向きですが。

maatさんはビール関係の歴史にも詳しいから、ご存じですけど古代のビールと現代のビールは、ほぼ別物に近いものだから現代のビール酵母入れても古代のパンの味にはならないでしょうね。

しいていえば「ランビックスタイル」のビールが近いかと思います。
自然酵母を使っているので強烈な酸味を持ち、瓶内二次発酵させるので酵母をそのまま残して出荷されます。

とはいえその種のビールは高いので、パン作りに使用するのはもったいない。そんな事をするなら私は自分の腎臓を通過させます。

しかし我々調査団は、この夏それに近い味の代用品を『発見』しました。

作り方は簡単。ペットボトルの麦茶を三分の二ほど飲み、後は車のドリンクホルダーに2週間ぐらい放置すれば出来上がります!

赤色巨星のごとく膨張したソレをレシピに加えましょう。
開封時の爆発に注意。どうせ焼くから衛生的にはたぶん大丈夫!

さらに『古代風味』を増すためにハンマーで軽めに潰した大麦と、後は藁と砂利でも加えれば完成度は高まりますよ!

え、なんでその『代用品』の味を知っているかって?

寝ぼけてやっちまったんだ……

タイトル縄文テフラ境界線について
記事No1628   [関連記事]
投稿日: 2017/10/01(Sun) 16:11
投稿者土偶メン改
感想文呼ばわりから数ヵ月、鬼界カルデラテフラ(火山灰層) で縄文前期と中期が区分される話を見つけましてね?
後期と晩期の地層、土偶断然を説明するカルデラ噴火が有ったのかも、それも未発見の。日本近縁の火山で、偏西風の影響化にありり。
大災害の空白にプレ倭国大乱が生じたんでしょうなあ。ではまた。

タイトルRe^2: 電子書籍について
記事No1627   [関連記事]
投稿日: 2017/08/21(Mon) 00:36
投稿者加鳥
お答えありがとうございます。

> 現時点では図書館での電子書籍の利用には課題も多々ありますが、それらは必ず乗り越えられるものだし、逆に乗り越えられなければ、図書館は図書館たる役目を果たせなくなる時期に来ていると思います。

そうですね。


> アマゾンなどで電子書籍が扱われるようになった流れと同じなら、賛同した出版社/者のものから電子化されていき、それ以外が取り残されるだけだと思います。このあたりは、図書館で読まれた回数に応じてコストが支払われる新しい仕組みを作ればクリア可能だと思います。

一度に閲覧できるのは何人までとか制限をつけろとかありそうですね。


> 作ればいいだけなんですよね。例えば、PDFに統一すればいいんじゃないかな。
> うちは引っ越すとき2000冊くらい自炊でPDFにしちゃいました。タブレットで読んでるけど普通に読めますね。付箋つけられないのだけが難点。

権利問題さえクリアできれば、
ここは予算と機能のせめぎあいですね。
自炊可能なのは自前の地域資料とかですね。


> 必要ないと思います。アウトソーシングでいけるでしょう。自前でIT部門を持たず、他社に委託してる会社は今でも沢山ありますしね。

少なくとも電子書籍に詳しい職員は必要ですよね。
そしてシステムを導入する際、交渉するスタッフには
最低限の知識が必要なはずです。
アウトソーシングでいけるには、どうでしょう?
人件費でるかな・・・


> 出版社は無限に増刷重版をしてくれるわけではなく、紙媒体は読めば読むほど劣化しますので、情報消滅までの「寿命」は非常に短いままに留まります。ベストセラー小説なんかでも百年で消滅する。しかも毎年大量の本が出る。図書館に情報保存の役割を持たせたいのなら、電子化は進めないともうどうしようもないと思う。


国主体でやらないと、これはダメですね。
自治体ごとにやってしまうと
乱立しすぎて規格がすごいことになりそうです。
国立国会図書館でもやってますが、
岡沢さまが考えているようなものではないですし・・・
株式会社日本電子図書館サービス(http://www.jdls.co.jp/
が一番近いかな。

タイトルRe: 電子書籍について
記事No1626   [関連記事]
投稿日: 2017/08/20(Sun) 15:42
投稿者岡沢 秋
どうもこんにちは、中の人です。

現時点では図書館での電子書籍の利用には課題も多々ありますが、それらは必ず乗り越えられるものだし、逆に乗り越えられなければ、図書館は図書館たる役目を果たせなくなる時期に来ていると思います。

>出版社が黙ってないでしょうね。

アマゾンなどで電子書籍が扱われるようになった流れと同じなら、賛同した出版社/者のものから電子化されていき、それ以外が取り残されるだけだと思います。このあたりは、図書館で読まれた回数に応じてコストが支払われる新しい仕組みを作ればクリア可能だと思います。

>電子書籍の媒体は統一されていない

作ればいいだけなんですよね。例えば、PDFに統一すればいいんじゃないかな。
うちは引っ越すとき2000冊くらい自炊でPDFにしちゃいました。タブレットで読んでるけど普通に読めますね。付箋つけられないのだけが難点。

>IT関係の知識を持った職員を配置できれば

必要ないと思います。アウトソーシングでいけるでしょう。自前でIT部門を持たず、他社に委託してる会社は今でも沢山ありますしね。


出版社は無限に増刷重版をしてくれるわけではなく、紙媒体は読めば読むほど劣化しますので、情報消滅までの「寿命」は非常に短いままに留まります。ベストセラー小説なんかでも百年で消滅する。しかも毎年大量の本が出る。図書館に情報保存の役割を持たせたいのなら、電子化は進めないともうどうしようもないと思う。

タイトル電子書籍について
記事No1625   [関連記事]
投稿日: 2017/08/20(Sun) 03:07
投稿者加鳥
どうもこんにちは、加鳥です。
ブログの「図書館の本が一杯なの! →じゃ電子媒体でいいんじゃね」を拝読して気になった点があったので書き込みます。
取り留めもないので申し訳ないですが・・・


まず、公共の施設である図書館が
出版社の利益を損なわないか?という点です。
新刊(この場合は新しく発行された著作物の意味)を
無限に貸し出せるということは出版社の利益を
大幅に損なわせないかということです。
現在でも新刊を大量に貸し出すのはやめてほしい、
そもそも新刊を貸し出すのはやめてほしいとの声もあり、
「公共図書館での文芸書の取り扱いについてのお願い」
日本書籍出版協会の件もあります。
個人的には、図書館でベストセラーを借りる人は
図書館になければ買わないし読まないと思いますが。
出版社が黙ってないでしょうね。


それに電子書籍の媒体は統一されていないので、
図書館独自の媒体を作る→お金がかかる
媒体ごとに契約→お金がかかる
お金がかかる→・・・資料が購入できない

そもそも電子書籍の貸出は
年間でいくらor貸し出し回数×いくらなのか。
一点ずつ購入し、以降ずっと貸出しできるといいですが、
そうすると一点ずつの代金は
いくら著作権処理費用を上乗せするのか。
契約はどうするのか?から始まりますね。
それでもいくつかの自治体では電子図書館を始めてますが
点数は少ないです。


メリットには障碍者や高齢者にとってもあります。
弱視用の色変更、
文字の拡大ができるのは電子書籍の強みです。
あとは、
よその館にありますもなくなりますし。
貴重な本の盗難も避けられますし。
返却期限が過ぎるということもないですね。


IT関係の知識を持った職員を配置できれば、
もしくは勉強した職員が常任していればいいんですが、
非常勤職員が多すぎると問題になっている現状では
配置は難しいでしょうね。
ただ、電子書籍が主流になれば、
否応にも対応せざるを得ないでしょうね。

以上、長々と失礼しました。

タイトルRe: 二度目の書き込みです
記事No1624   [関連記事]
投稿日: 2017/08/09(Wed) 18:29
投稿者岡沢 秋

> ニーベルンゲンの歌に関してはジークフリートはアウストラシア王妃のブルンヒルドの夫であるシギベルトがモデルではないでしょうか?

物語のインスピレーションを何処から得たかの完全な立証は不可能という前提で話しますが、ごく一部に影響した可能性はあるかもしれませんが、元ネタと呼べるほどではないと思います。ジークさんは初期の伝承では父親とセットだということや、プリュンヒルトの別名がシグルドリーヴァである事などと整合性がとれなくなるので…。

ただし、文学解釈の常として、どんな説も自分で理由つけて根拠ひねり出して他者を納得させられればそれが答えになります。頑張ってください。

タイトル二度目の書き込みです
記事No1623   [関連記事]
投稿日: 2017/08/09(Wed) 01:01
投稿者ヤマ ネコ
二度目の書き込みです。お邪魔してすみません。
ジークフリートについてのブログを拝見させていただきましたが、ひとつだけ気になったことが。
ニーベルンゲンの歌に関してはジークフリートはアウストラシア王妃のブルンヒルドの夫であるシギベルトがモデルではないでしょうか? これは岡沢様の2号館のコンテンツを読みつつ、他の方の文献などを拝読させていただいた末の考えなのですが…

タイトルRe: エジプトゲー
記事No1622   [関連記事]
投稿日: 2017/08/07(Mon) 22:42
投稿者岡沢 秋
> 随分昔に書き込んだことがあります(忘れるくらい昔ですかね…)

ログ検索してみたら2014年にPharaohってエジプトゲーの話してましたね! 大丈夫です、私も掲示板の会話は全部は覚えてません…

> Civ6のヌビアシナリオは神殿建てるより弓ラッシュで制覇した方が早いという微妙な仕様になってますね…

土日出勤を食らったので、まだあんまプレイしてないんですが、序盤だけでも弓兵強くなりすぎたな感はありますね…
またパッチで調整ですかね。
ただヌビアの金鉱開発は楽しい! 金はいい! なので自分的にはまぁまぁ良アプデかと…(笑)

> そういえばこちらのPredynastic Egypitって結構凝ってるエジプトゲーだと思うんですが、ご存知です?
> http://store.steampowered.com/app/461620/Predynastic_Egypt/

やりました!
ただグラがあんまり合わなくてそれほどやりこまなかったです。日本語版出そうとしてるんですかー。日本向けじゃない気がするん…です…が。。。

steamのエジゲーはだいたいやりましたが、Pharaohを越えるゲームは未だ出てこず。今はCivでつなぎながら、10月のアサクリを心待ちにする日々でございます。
早くラクダで白砂漠疾走したいっす。

タイトルエジプトゲー
記事No1621   [関連記事]
投稿日: 2017/08/07(Mon) 02:57
投稿者mag
随分昔に書き込んだことがあります(忘れるくらい昔ですかね…)

Civ6のヌビアシナリオは神殿建てるより弓ラッシュで制覇した方が早いという微妙な仕様になってますね…開拓者で獲得できる都市数と神殿数の兼ね合いの所為で完全な非戦プレイというのも出来ませんしね。

そういえばこちらのPredynastic Egypitって結構凝ってるエジプトゲーだと思うんですが、ご存知です?
http://store.steampowered.com/app/461620/Predynastic_Egypt/
最高難易度だと手順にあまり自由のない運ゲーという感じですが、最低難易度だと初見だと結構手強く、楽しめると思います。
ボランティアの日本語訳スタッフを募集してるみたいですが、布教のために無償で翻訳してあげるほど私は暇人じゃないです…