【無限∞空間】全館共通┃質問、長文用 掲示板┃
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: 電子書籍について
投稿日: 2017/08/21(Mon) 00:36
投稿者加鳥

お答えありがとうございます。

> 現時点では図書館での電子書籍の利用には課題も多々ありますが、それらは必ず乗り越えられるものだし、逆に乗り越えられなければ、図書館は図書館たる役目を果たせなくなる時期に来ていると思います。

そうですね。


> アマゾンなどで電子書籍が扱われるようになった流れと同じなら、賛同した出版社/者のものから電子化されていき、それ以外が取り残されるだけだと思います。このあたりは、図書館で読まれた回数に応じてコストが支払われる新しい仕組みを作ればクリア可能だと思います。

一度に閲覧できるのは何人までとか制限をつけろとかありそうですね。


> 作ればいいだけなんですよね。例えば、PDFに統一すればいいんじゃないかな。
> うちは引っ越すとき2000冊くらい自炊でPDFにしちゃいました。タブレットで読んでるけど普通に読めますね。付箋つけられないのだけが難点。

権利問題さえクリアできれば、
ここは予算と機能のせめぎあいですね。
自炊可能なのは自前の地域資料とかですね。


> 必要ないと思います。アウトソーシングでいけるでしょう。自前でIT部門を持たず、他社に委託してる会社は今でも沢山ありますしね。

少なくとも電子書籍に詳しい職員は必要ですよね。
そしてシステムを導入する際、交渉するスタッフには
最低限の知識が必要なはずです。
アウトソーシングでいけるには、どうでしょう?
人件費でるかな・・・


> 出版社は無限に増刷重版をしてくれるわけではなく、紙媒体は読めば読むほど劣化しますので、情報消滅までの「寿命」は非常に短いままに留まります。ベストセラー小説なんかでも百年で消滅する。しかも毎年大量の本が出る。図書館に情報保存の役割を持たせたいのなら、電子化は進めないともうどうしようもないと思う。


国主体でやらないと、これはダメですね。
自治体ごとにやってしまうと
乱立しすぎて規格がすごいことになりそうです。
国立国会図書館でもやってますが、
岡沢さまが考えているようなものではないですし・・・
株式会社日本電子図書館サービス(http://www.jdls.co.jp/
が一番近いかな。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー